将棋の戦略・攻め方と駒の動かし方

将棋の戦略は重要です。序盤・中盤・終盤、それぞれにおいて、どのように駒を動かすのかという考え方の基礎を、このサイトでは紹介します。
初心者が勝つ方法としては、まずは、将棋の定石を覚える事です。歩、香車、桂馬、金、銀、角、飛車、王・玉、それぞれの駒の動かし方を、将棋の格言を通じて、あなたに伝授します。
勝負の分かれ目は、相手との読みの勝負で勝ることが大事なポイントですが、全体を通しての大局観を持つことも重要です。
それぞれの展開において、駒組・手数を考え、戦いを優勢に進めていきましょう。勝負の全体像を考える事は、人の一生の行き方に相通じるものだと私は思います。

大局

なかなか将棋が上達しない!
自身の棋力上達に悩んでおられる方も多いのではないでしょうか?

駒

ですが、ちょっとした考え方一つで、どんどん上達していくのも将棋の楽しさです。駒損、駒得を考え、着実に相手と差を広げれば、相手の王将を”詰み”にする事も出来ます。
将棋の戦略を学び、ライバルに差を付けてみませんか?



将棋は日本では、平安時代の文献「新猿楽記(1058年~1064年)」に出て来るほど日本の古来から伝承されているボードゲームの一つです。

盤

将棋のルールとしては、平安時代にもち駒の概念の無い平安将棋として原型が作られ、江戸時代に、現在のルールである「本将棋」が確立されました。
この、将棋と同じボードゲームとして似ているものに「チェス」がありますが、将棋とチェスで大きく異なる点としては、「持ち駒」の概念があることです。この持ち駒の概念は、世界的に見ても、珍しいもので、それゆえに戦略の幅が他のどんなボードゲームより、広いとも言えます。

将棋は現在、日本将棋連盟によって、プロ将棋が確立され、竜王戦、名人戦、棋聖戦、王位戦、王座戦、王将戦など様々な大会が催され、大山康晴名人、谷川九段、そして現在も活躍している羽生善治九段など、多くの有名棋士を輩出しています。

このサイトでは、そんな棋士の方々を目指し、これから将棋を始めたい!という方々のために、基本的な将棋の戦略を解説し、棋力向上にお役に立てて頂きたいという趣旨で、様々な戦略を述べています。

棋力を向上させるための基本は、まず、相手と対局する際においては、下記の3つのパターンに分ける事です。

  • 今後の展開を読み、駒組を確実にしつつ手損をしないための序盤戦
  • 駒得を目指していくための中盤戦
  • 相手の王を詰みに行く終盤戦

当サイトでは、それぞれの局面において、どのように戦略・戦術を考えるべきなのかをご紹介して行きたいと思います。様々な戦略を駆使して戦う将棋は、相手との駆け引きの妙味もあり、戦略も様々。だからこそ楽しいですよね!

将棋の戦略・攻め方と駒の動かし方:内容のご紹介

中盤の考え方
将棋における勝負の分かれ目の中盤の考え方を、解説します。

大局観を養う
将棋の攻防の全体を通しての考え方を解説。大局観を養う事で、相手の駆け引きが出来るようになります。

序盤の考え方
将棋における最初の様子の伺い方、基礎となる序盤の考え方を、解説します。

桂香の動かし方
将棋での、一つの飛び道具の駒となる香車と桂馬の動かし方について解説します。

歩の動かし方
歩に笑うものは、歩に無く。将棋での基礎駒となる歩の動かし方について解説します。

玉の動かし方
将棋において取られたら負けとなる、王や玉の動かし方や守り方について解説します。

終盤の考え方
将棋での最後の決着!終盤戦において、相手の王の詰み方や、そこまでに至るための考え方を、解説します。

金銀の動かし方
将棋では、金銀は攻防の要です。そんな金と銀の動かし方について、攻め方守り方を分けて解説します。

飛車角の動かし方
将棋での大駒、飛車と角の動かし方について解説します。飛車や角は、相手を攻める上での、要となります。

将棋の戦略・攻め方と駒の動かし方:トピックス